首イボの除去を自宅でできるおすすめのクリームをランキング形式でまとめました!!

首イボ【治療】が自宅で!!おすすめクリームランキング2017

 

  • イボの治療をしたいけど、皮膚科に通う時間がない。
  • 自宅でイボを取る簡単な方法が知りたい
  • イボの薬を探しているけれど、どれがいいか分からない
  • イボは再発しやすいため長期的なケアができる方法が知りたい。

そんな方のために、自宅で首イボを治療する場合のおすすめの方法をまとめました!!

お医者さんに行かないで、イボを取りたいと考えている方は、参考にして頂けたらと思います。

首イボの治療は自宅でできる?市販薬の種類とその成分は?

自宅でイボを治療するときのおすすめの成分は「ヨクイニン」です。

気になる成分「ヨクイニン」とは?

自宅でイボ治療に使われている市販薬の成分に「ヨクイニン」があります。

ヨクイニンとはイネ科の植物の「ハトムギ」のことです。
ヨクイニンには肌のターンオーバーを促す効果があり、自然由来のため漢方にも利用されており、様々な肌トラブルに対応ができる成分です。

 

ヨクイニンの市販薬を選ぶ際のポイント

ヨクイニンの市販薬には大きく分けて内服薬と肌に直接塗るクリーム状タイプの2種類があります。

ヨクイニン内服薬

ヨクイニンの内服薬は、第3種医薬品に該当するものが多いです。

ヨクイニン内服薬で評判の高いのは、

オルジェパール(ヨクイニンエキス錠SH) 第三類医薬品ですね。

アットコスメでのイボに対する口コミ評価も高いのですが、

飲み薬タイプのヨクイニンは全身に作用するので既にできてしまったイボに対してよりも予防におすすめです!

※ヨクイニン内服薬の妊娠中の使用は胎児への影響も考えられるため服用は控えて下さい。

ヨクイニンクリーム・ジェル

既にできてしまったイボに対しては、内服薬タイプのものよりも直接イボに働きかけるクリームやジェルタイプのものがおすすめです。

クリームタイプのイボ取りクリームは、ヨクイニン以外にもイボの除去に効果があると言われているアンズエキスなどが複合的に働きかけより高い効果が期待できます!

 

自宅でイボ治療するのにおすすめのイボ取りクリームをおすすめ順にまとめました。

 

 

首イボ薬おすすめランキング

クリアポロン

成分配合NO.1

イボ取りに必要とされる成分がコレでもかというぐらい配合されています。
更に保湿成分、美白成分、年齢肌ケア成分もこだわりの配合♪

価格 【定期】初回1800円
2回目以降:5440円
【通常】6800円
総合評価
主成分 Wヨクイニン
あんずエキス
ダーマヴェール
返金保証 180日
定期縛り 3回受取必要
内容量 60g
その他特典 定期コースの奇数回にピーリング石鹸が付いてきます
【ココがポイント!!】
イボケアとしてはもちろん、美白化粧品としても他に劣らない成分配合。
クリアポロン1つで肌ケアが完了。
イボケアクリームとしては異例の長期返金保証付きのところからも商品への自信がうかがえます。

艶つや習慣

お得感NO.1

イボ取りに必要とされる成分はしっかり配合。
イボ取りの為だけに使用するならば、2ヶ月は充分もつ容量。

価格 【定期】初回1900円
2回目以降:3040円
【通常】3800円
総合評価
主成分 ハトムギエキス
あんずエキス
返金保証 なし
定期縛り なし
内容量 120g
その他特典 なし
【ココがポイント!!】
容量がたっぷりと120gあるのでイボ取り以外にも気になる部分の肌ケアにも使えます。
クリアポロンと比較すると美白効果は劣るかもしれませんが、ムダ毛処理後の肌ケアなどに重宝します。

シルキースワン

少量ながらクリームの粘度は高く、ピンポイントでイボの部分に塗るイメージ。

価格 【定期】初回2980円
2回目以降:5400円
【通常】9800円
総合評価
主成分 Wヨクイニン
あんずエキス
返金保証 なし
定期縛り なし
内容量 20g×2個
その他特典 定期コース初回にぽろぽろクリアジェル40mlが付いてきます
【ココがポイント!!】
まさにイボ取りの為のクリーム。
イボを含めたトータル肌ケアには適していませんが、イボのみのケアが出来れば良いという方にはいいかもしれません。
容量と価格を含めたお得感はありません。

首美人

お得感NO.1

容量100ccとあるように液体タイプのイボ取りクリーム。
容量はあるものの、イボに対する粘性は低め。

価格 【定期】初回500円
2回目以降:4500円
【通常】8800円
総合評価
主成分 ハトムギエキス
あんずエキス
返金保証 90日間
定期縛り なし
内容量 100cc
その他特典 なし
【ココがポイント!!】
普通の保湿クリームとしては良いのかもしれませんが、粘性も弱くイボ取りクリームとして物足りないという口コミも。
エタノールを含有しているので、敏感肌の人は要注意です。

当サイトおすすめのイボ取りクリームはクリアポロン

クリアポロンがおすすめな5つの理由

  1. 量がたっぷり60g、イボ以外のケアもコレ1本で
  2. 肌の美白も同時にできる(美白クリームにも負けない成分配合)
  3. 安心の180日返金保証
  4. エイジングケア成分配合でイボをできにくく
  5. 香料、着色料、パラベン、アルコール、鉱物油、紫外線吸収剤不使用で肌に優しい

私が使ってみたイボ取りクリームで1番おすすめできるのはクリアポロンです。
イボ取りクリームの中には、あえて有効成分を薄めて量を追求している感じがしたものもありましたが、クリアポロンは有効成分がギュッと濃縮した感じが使っていて分かりました♪

>>イボ取りクリームランキングへ戻る。

イボの原因と種類

首や顔などになどにイボがあるとお洒落をしてもアクセサリーが当たったり、目立ってきになってしまいますよね!
いつのまにかできてしまっている首イボの正体と原因は一体何なのでしょうか?

首イボの原因として考えられるのは
・加齢
・紫外線
です。

加齢により肌のターンオーバーが乱れていたり、代謝が衰えて老廃物がたまってしまうことで発症します。また、紫外線の影響により肌がダメージを受けてしまうことによってもできやすくなります。そのため「老人性イボ」とも呼ばれています。
加齢が原因といっても、中には若い人でも発症してしまう例があります。遺伝的要素を持っているところに紫外線からのダメージを受けることが関係しているのではないかと考えられています。

イボの種類

首イボと一言で言っても様々な種類があり、良性のものがほとんどです。初めは小さい突起だったにも関わらず、摩擦によって大きくなってしまったり数が増えてしまったりもするので注意が必要です。また、中には危険なものもありますので一度チェックしてみてください。

◆良性イボの種類
【アクロコルドン】
加齢により発症し、一見ほくろやシミのように見えますが、突起は2~3㎜くらいで細かく肌に現れることが特徴です。
【スキンタッグ】
アクロコルドンが肥大化したものをいいます。中高年の女性に多いですが20代にもみられることがあります。
【軟性線維腫】
スキンタッグがさらに肥大化したものをいいます。突起は5㎜くらいで、肥満傾向のある人や、中高年、妊娠中の人にでやすいです。
【懸垂性線維腫】
軟性線維腫より大きく、ぶら下がったような形をしています。

◆悪性いぼの兆候
・色がだんだん黒ずんでくる。
・痛みのないものもあれば、痛みがあるものもある。
自覚症状がほとんどないので発見が難しいですが、悪化すると皮膚がんの恐れがあるため、気になる場合は一度皮膚科を受診してください。

首イボ治療皮膚科の場合

首イボを皮膚科で治療する場合のメリット・デメリットとは?

nbsp;皮膚科で首イボを治療しようと思った時、受診する機関は
一般の皮膚科・美容外科(美容皮膚科)の2つのパターンが考えられます。

低料金で首イボを治療したい人は皮膚科

皮膚のことだから、治すにはやっぱり皮膚科でしょう、と考えますよね。

皮膚科を受診すれば、比較的簡単に首イボの除去をしてもらうことができます。

 

皮膚科での切除方法は3つあります

  • ハサミ切除

イボ自体が小さく、長さのあるものであれば、医師の手によってハサミで切除することができます。短時間での治療ができるためにすすめられる病院も多くあります。

  • レーザー治療

一回の治療で切除でき、出血が少ないことからよく選ばれている方法です。病院によって使われるレーザーの種類が異なるようなので、事前に説明をしっかり受けておく必要があります。

  • 液体窒素による凍結療法

保険治療が効くので比較的安く治療ができます。しかし一回ではなかなか除去できないため、何度か通院する必要があります。

 

皮膚科で治療を受けるメリット

  • 除去方法がハサミ切除・レーザー・液体窒素で凍らせて除去する等種類が豊富。
  • 医療機関のため保険が適用されるので低料金である。
  • 皮膚科で治療を受けるデメリット

  • 切除や凍結法の場合には痛みがある。
  • 凍結法の場合には数回皮膚科に通院する必要がある。
  • 「治療行為」が主のため、治療後のケアが不十分な場合がある。
  • 治療箇所が色素沈着したりシミになったりする可能性も。
  •  

    跡を残さずに切除したい人は美容外科や美容皮膚科

    目立つ部分は綺麗に除去したいですよね。

    そんな人には外科的な治療の設備の整っている美容外科や美容皮膚科という選択肢もあります。

     

    ◇メリット

    ・美容に重きをおいているので、丁寧な施術が期待できる。

    ◆デメリット

    ・本来は美容整形が中心のため、イボの切除の受診がメインではない。

    ・自費診療のため、イボの数によっては費用がかさむ。

     

    肌の将来を見越した治療がしたい人は美容皮膚科

    美容外科の他にも、特に皮膚を専門とした美容皮膚科もあります。

     

    ◆メリット

    ・美容の中でも特に皮膚に特化しているため、将来の肌を見越した治療が期待できる。

    ◇デメリット

    ・自費診療である(一部保険適用の病院もあり)

    治療のできる機関を3つ紹介しましたが、一番選ばれるのはやはり皮膚科のようです。料金がリーズナブルのため通いやすいことが考えられます。また、皮膚科を選ぶ際に、丁寧にカウンセリングをしてもらえるか、治療後のケアについても安心できるか等を踏まえて検討することをおすすめします。

     

    首イボは再発しやすい!?

    首イボを一度切除したら、必ずしももうできないというわけではありません。やっかいなことに、首イボは再発しやすいという特徴があります。首イボができる度に受診するとなると、時間や費用もその分かさんでしまいますよね。

    医療機関やクリニックを受診する以外にも、すぐに切除したいか、自宅でケアをしていきたいか、症状に合わせて選んでいきたいですね。

    >>イボ取りクリームランキングへ戻る。

    更新日:

    Copyright© 首イボ【治療】が自宅で!!おすすめクリームランキング2017 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.